ヘッドライトプロテクションフィルム スモーク

ヘッドライトやテールランプをスモークカラーにする場合、塗装が一般的だったと思いますが、7、8年前からは3次元にもある程度貼れるカラードのフィルムが出だしました。

ですが、このフィルムは、よくあるガラスのスモークフィルムの外貼り仕様みたいなもので、薄いフィルムで耐久性は短めでした。

そこから第2世代として、ヘッドライト専用のプロテクションフィルムが当時XPELから登場しましたが、これはカラーリングのフィルムとは真逆でクリアファイルよりも厚いくらいのもので、

保護という意味では最強と言えましたが、貼った感が強く、ヘッドライトの光に揺らぎが出るくらいでした。

さらに第3世代として、現在あるような通常ボディに貼るプロテクションフィルムのような、適度な厚みで追従性の非常に高いスモークプロテクションフィルムが登場しました。

最近では薄いスモークフィルムの進化版も登場しており、選択肢の一つになっておりますが、

ヘッドライトの場合は黄ばみの防止についても大きな効果を発揮するプロテクションフィルムが現状では最良の選択になります。

薄いフィルムの進化版をDIYでお試しはこちらから→

ヘッドライトにフィルムを貼る

お客様のお車のヘッドライトに下敷きの用なものを当ててみてください。

ほとんどのお車で下敷きがピッタリと当たらないはずです。

左右の曲面は容易に想像できますが、上下の曲面も高さ25〜30センチくらいの高さの中でも結構な曲面になっていませんか?

さらに、ヘッドライトによっては、突起が所々にあるお車もあるでしょう。

このような複合的な3次曲面にフィルムを貼るのは、とても困難であるのは容易に想像できます。

さらには、クリアはもちろんですがスモークでも透けていて、さらには光が出てくるので粗が非常に見えやすくなります。

このような条件の中でヘッドライト全体にフィルムを貼るというのは高い技術が必要となります。

このような困難な条件の中でキレイに貼り付けるのがMizzの技術です!!

もちろん今どきのヘッドライトは多種多様な形状をしておりますので全てのお車でキレイに貼り付けることが出来るわけではありません。

Mizzでも何回かに一回はキレイに貼れなくて、貼り直しています。

今まで貼ってきた中で大変だったもので言いますと、86(BRZ)、50プリウス、150プラド後期、インフィニティFXなどは大変なので、プロにお願いするのが無難です。

ヘッドライトプロテクションフィルムの貼り方

ヘッドライトプロテクションフィルムの場合、プレカットフィルムと呼ばれる車種に合わせてカットされたフィルムがあるので、画像のゴルフのようなお車であれば、プレカットしたフィルムを使っても比較的きれいに貼れるはずです。

ただし、基本的には透明なプロテクションフィルムを貼るためのデータになりますので基本的には実際のヘッドライトよりも小さめのサイズになっています。

これは、透明なフィルムが前提なので、多少内側に切り口があっても違和感がないのと、小さめのほうが際の部分が剥がれにくくなるため、クレームになりにくいという特徴があるのだと思います。

なので、プレカットのフィルムを貼っていると「もう少し大きくしてくれればいいのにな~」と思うことがしばしばあります。

DIYで貼るなら?

まず、大前提ですが、ヘッドライト(特に国産車)は、複雑な形状がほとんどで透明なものなので、きれいに貼れない可能性が高いのが現実です。

この部分を踏まえて、「どうしても自分で貼ってみたい!!」「細かいことは全然気にしない!!」という方は挑戦してみてください。

まず、ご家庭にある食品ラップなどでご自分のお車のヘッドライトにきれいに密着できるかどうか確認してみましょう。そこで、くしゃくしゃにならないような形状であれば、DIYでも貼れる確率が高くなります。

たぶんこの時点で、「無理!!」と思われる方も多いのではないでしょうか?

ここからはフィルム選びになりますが…

とりあえずMizzの周りのプロも使っている薄いフィルムはこちらで買えるようです→click!!

プロテクションフィルムについては、当社で把握しておりませんがこの辺りなら??ヘッドライトプロテクションフィルムをDIYはこちらから→click!!

Amazonについては、多く出ておりますが国内の販売業者ではないようなので割愛いたしますm(_ _)m

※上記フィルムに関しましては当社は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任でご判断ください。

リンク先を見ていただくとわかりますが、

DIYで貼る場合でも材料費がそれなりにかかってきます。

経験上、高さが25センチ程度、長さが60センチ程度のさいずが必要な車が多いです。

なので、一発勝負!!になる可能性が非常に高いです!!

ここから、貼り付けになりますが、中性洗剤を薄めた石鹸水で貼るくらいしかできないと思います。

ではその濃度は???となりますが、条件が一定でない以上やってみてということになってしまします。

濃すぎては、失敗しにくくなるかもしれませんが全然引っ付かなくなる。

薄すぎては、フィルムがヘッドライト上で動かなくて全然なじまない。

また、貼られる側のヘッドライト表面によっても変わってきますので、貼りながら調整するしかありません。

ドライヤー(スチーム)やスキージを使用してヘッドライトの形状に合わせていき貼り付けます。

貼り付けが完了しましたら、余分なフィルムをカットします。

この時切りすぎるとヘッドライトに傷をつけてしまいますので、注意が必要です。

っと、非常にざっくりな感じですが、 こんな感じになるかと思います。

動きを文章で伝えるのは非常に難しいです。

スモークヘッドライトプロテクションフィルムの車検

ヘッドライトにスモークフィルムを貼る場合に気になるのが車検ですよね?

当社でもよく聞かれるのですが、「ライトスモーク」であれば基本的には保安基準には適合できるはずです。

まず基本的なところで、ヘッドライトの保安基準に適合(車検に合格)するには「色」と「光量」が条件となります。

今どきのLED、キセノン、HIDのヘッドライトの光量は昔のハロゲンと比べ物になりません。

なので、画像のような「スモーク」の濃い色でも純正の状態であれば車検に合格するのではないかと思います。
※試したことはないので、あくまで憶測ではありますが

ヘッドライトのスモークより、黄ばんでしまったヘッドライトのほうが車検に合格できないかもしれません。

ただ…

ここで一つの不確定要素があります。

自動車販売店、特に自動車メーカー系ディーラー様には店舗独自のルールがあるようで、販売店さんによっては入庫不可となってしまう場合があります。

この部分に関しては、当社では把握できかねますので、取引されている整備工場様にご確認ください。

余談ではありますが、ヘッドライトのスモークフィルムに限らず、購入後カスタムをされたいお客様は、「カスタムしても入庫は大丈夫ですか?」と購入を決める前に確認していただいたほうが間違いありません。

スモークヘッドライトプロテクションフィルムの価格

大きな凹凸がないヘッドライト

¥38,500(税込)

凹凸があるヘッドライト

¥44000(税込)~

スモークヘッドライトにするには、塗装?フィルム?

塗装した場合は、元に戻せない