プロテクションフィルムとは

プロテクションフィルムとは、透明度が高く、厚みがあり、柔軟性もあるポリウレタン製のフィルムです。

カーコティングのように塗り込んで保護するのではなく、プロテクションフィルムを貼ることにより塗装を保護します。

保護能力は、カーコーティングの比ではなく、鳥フンや黄砂などを完全にブロックし、飛び石の傷まで防げるほどです。

プロテクションフィルムの厚みは、大半のメーカーで、フィルム本体が150μ・糊50μで計200μの厚みとなります。

150μという厚みがどれくらいか分かりにくいかと思いますが、サランラップが約10μですので、フィルム単体でも15倍の厚み、糊まで入れると実に20倍もの厚みとなりますので、その保護能力が容易に想像できますね。

プロテクションフィルムはすでに純正でも使われており、フェラーリは前後タイヤの後ろのアーチ部分に貼ってありますし、ポルシェはリアフェンダーに、国産でもリアタイヤの前辺りにプロテクションフィルムがよく貼ってあります。

プロテクションフィルムは、塗装を守る最強のアイテムと言っていいでしょう。

プロテクションフィルムの特徴


  • 保護効果No1!

    「保護」というとガラスコーティングのイメージがあるかと思いますが、飛び石やイタズラによる傷などはガラスコーティングでは防げません。
    傷にも強く、紫外線もカット。現在ではプロテクションフィルムが
    最強の選択だと言えるでしょう。



    プロテクションフィルムの写真


  • 見た目では分からない仕上がり

    透明で柔軟性があるフィルムなので凹凸・曲面もきれいに貼ることが可能です。
    従来のフィルムは貼ってあるのが分かりやすいものでしたが、
    現在では見た目では分からない仕上がりになります。



    施工前施工後の写真


  • 剥がせます

    プロテクションフィルムは硬化しにくいものの、耐久性は2〜3年程です。しかし、傷だらけになったフィルムは塗装面への影響もなく、きれいに剥がすことができます。
    定期的に貼り替えていつまでもきれいな状態を保つことでリセールバリュー(再販価値)も下がりにくくなります。



    施工中の写真