ヘッドライトの黄ばみと曇り除去 NEWversion!!

ヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックありヘッドライトの黄ばみや曇りが気になりませんか❓

ヘッドライトの黄ばみが進むと光量が減り車検にも通らなくなってしまいます😓

ヘッドライトの黄ばみ・曇り・クラック  

ヘッドライトは、経年変化で曇りが出始め、黄ばみが発生し、最終的にはクラックが入ります。
ヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックありヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックあり

で、そのくもり・黄ばみ・クラックの入った状態がこちら
ヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックありヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックあり

こうなるとDIYでのヘッドライト修理はかなり難しいですし、ほぼ不可能に近いです。

黄ばみや曇りだけでも、一時的にはキレイになったように見えますが、1ヶ月程度で
ヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックあり

直ぐに曇りが出始め、ヘッドライトを一生懸命磨いた努力は水の泡になります。

ただし、満足されている方も多数いますので、DIYヘッドライトコーティングをお試しして見る価値はあるかもしれません。

ヘッドライトの曇り・もしくは黄ばみまでは、DIYヘッドライトコーティングでも解消できるかもしれませんが、クラックまで入ってしまった場合は、プロショップにお任せするのが良いでしょう。

ヘッドライトの黄ばみ・曇り除去のみ 【動画も】

DIYヘッドライトコーティングでも解消できるかもしれませんが、やはりプロショップにお願いしたほうが…でも予算が…という方の為に

Mizzヘッドライトリペア料金は、コチラ

プロに任せた場合でも、必ずしもキレイな元通りのヘッドライトに戻るわけではありません。

特に、ヘッドライトにクラックまで入っているような場合は、プロでもかなりの時間を要しますし、必ずしもきれいなヘッドライトに戻るとは限りません。

また、ヘッドライトレンズが完全に割れてしまっていることも、少なからずあります。

ですが、クラックが気になるわけではなく、「ヘッドライトの黄ばみや曇りが解消されればそれでいい」という方もおられると思います。

そんな方のために、今回ヘッドライトのクラックはそのままに、黄ばみと曇りの除去のみで仕上げた場合はどうなるのか?を実際に行ってみました。

当然ヘッドライトのクラックはそのまま残るのですが、リペアの費用としては抑えることが出来ます。

ということで、ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去のみ行った場合はどうなるのか?

では、実際にご覧ください。

ヘッドライトリペア前後です。
ヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックありヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、クラック残し

角度が違っていて申し訳ありません💦

が、リペア後のクリア差の違いは分かっていただけると思います。
ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、クラック残しヘッドライトの黄ばみと曇り、クラックあり

クラックは残っていますので、角度により見えますが💦
ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、クラック残し

動画でもご覧くださいませ

少し離れてしまえば、キレイには見えます。
ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、ヘッドライトコーティング
ちなみに画像の左がクラック残しの仕上げ、右がクラックを出来る限り除去しての仕上げになります。

もう少し離れてみると、ほぼ分かりません😉
ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、ヘッドライトコーティング

クリア感は、かなりイイ感じかと
ヘッドライトの黄ばみと曇りの除去、ヘッドライトコーティング

 

クラック除去仕様も近日アップいたします‼